スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Memo2 ローク・エルグ
2011-05-28 (土) | 編集 |
※初期国民さんの画像は、PU版から持ってきています。データも2代目からしか取っていなかったので、ヴィチウルグの山桜桃まい様から初期国のデータを頂きました!
髪型が変わっている人も居るのですが、ご容赦願いますm(__)m



彼女がやって来たのは
ワッツ国王wattuが治める国でございました。


ガイドツアーにうっかり申し込みそこね、立て札の地図を頼りに移動するはめに。

noce gr 「あれ、ちょっと待って……。家はシンザー区の5ー2だから…ここって正反対じゃない!?」

うん、ごめんね。
自動帰宅という便利なものがあったんだね。知らなかったよ…。

noce gr 「つ、疲れた……」

前途洋々とは行きませんが、この国でのノーチェの生活が始まりました。




自宅で一息つき、エルグに向かうことに。
途中、良いタイミングでロークエルグ長のドナテラさんdonatellaに出会い、案内してもらいました。

(ドナテラさん、パワーアップで髪がロングに!以前は↓こんな感じだった筈)
erugutyo


ドナテラさんと別れた納品所前で、うろうろしていたら声をかけられました。

ange 「ん…?なんだ、移住者か?」

彼の名前はアンジェ・レズナーさん。
エルグ長の息子で、2歳年上。


仕事の仕方を含め、色々なことを教えてくれ、「困ったらいつでも来いよ」と言って仕事に戻っていきました。
エルグ長の息子らしく、仕事熱心な様子。
口調こそぶっきらぼうだけれど、やさしい人みたい。
これからよろしくお願いしますね!


ということで、先輩(という名の恋人候補)も出来たし……。
よし、仕事がんばるぞー!
スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。