スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Memo8 2番目
2011-06-17 (金) | 編集 |
※今回は恐らく、いつもよりも妄想が暴走してます。



さて、移住してきてから1年が経ちました。
ロビンくんに合わせて(?)夕方まではほとんど仕事をしていたおかげか、エルグでは、Aランクになっていました。(あれ…選挙に出た覚えがないぞ…←)




新たな年を迎えた、そんなある日のこと。
たまたま早朝に見かけたロビンくんを追いかけていくと、辿り着いたのはロザリーさんの家でした。(大抵は、朝ごはん食べる⇒エルグで仕事!の流れだったので、ロビンくんに会うのは必然的に夕方になっていたという…)

このときまで、本命さんのところに朝通いするなんてことは露知らず。

「ロビンくんにとって、所詮ノーチェは2番目なんだな」と改めて実感させられる出来事でした。
いや、もしかしたら他にも恋人がいるのかも知れないのですけれど…!


noce gr(分かっていたことなのに、知っていて恋人になったのに…ショックを受けているなんて、ずるいよね)



なんといいますか、甘く見ていたわ、うん。
そういうことが多いっていうのは、聞いて知っていたし…それにロビンくんは、こっちから狙っていったわけだし。
でも、しっかりと思い知らされることになりました…。



noce gr「あなたとは少し距離を置きたいな…」



気持ちを整理しなくては、と思いこの言葉を口にするノーチェに、苦い顔をしたまま、もう少し待ってくれ…と言うロビンくん。

彼の過去を知ることはできないけれど、ロザリーさんのことをずっと好きだったのだとしたら、そう簡単に切り捨てられる想いではないのかも。











tibirobin

「おおきくなったら、むかえにいくから!」
「嬉しいなぁ。待ってるよ」


なんてことが、あったのかもしれないなぁ…。
(でもこれ、ロビンくん未就学児だよ……)


幼い約束を胸に、「はやくおとなになりたい」と思いながら過ごす日々。そんな想いも虚しく、ロザリーさんは結婚。それでも、成人して真っ先に、ロザリーさんのところに行ったんじゃないかな。報われないとわかっているのに、似合わない花なんか持って、迎えに来た、って。


しかし…これじゃあロビンくんが、過去を引き摺ってる女々しい人になっちゃうね…orz
スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。